Aesthetics

審美歯科


審美歯科って?

審美歯科とは、歯を本来の姿にする、見た目の美しさを求めた歯科治療です。いつまでも健康でキレイな真っ白な歯でありたいというのは今も昔もずっと変わらず、誰もが持ち続けている願いです。笑顔が素敵な人は歯がキレイであるという事からも歯や口元に美しさを追求されるようになってきました。キレイな歯並びや白い歯をいつまでも保つ事で、歯や口元のコンプレックスが取り除かれ、通常の生活でも何事にも明るく積極的に行動出来るようになったという方もいらっしゃいます。もちろん、審美歯科による治療は一時的な見た目の美しさだけではありません。いつまでも健康的な歯を保つ為、興味を持たれた方は一度当院までご相談下さい。
 
 
 
 

CEREC(セレック)

CERECは、コンピュータ制御によって歯の修復物を設計・製作するCAD/CAMシステムです。コンピュータを使って修復物を作製する為、より正確で早い審美治療が可能になりました。

CERECシステムの特徴

より天然しに近づいた審美的質感

様々な歯の色に対応し、隣接歯に良く馴染むセレックセラミックブロックは審美性に大変優れ、咬み心地や舌触りなど質感も天然歯に近い自然な感触です。

安心・安全、身体にやさしいセラミック

金属アレルギーの心配がない、生体親和性の高いセラミックは、変色や摩耗といった心配も不要で安心・安全、身体に優しい素材です。完成した修復物は接着理論に基づきセットされることで、10年間で90%以上の残存率を実現する、優れた耐久性を誇ります。

コンピュータによる精度の高い修復物

先進のコンピュータシステムは、隣接あるいは反対側または対合歯の形から患者様の固有の形を自動的に復元します。このため従来の手作業に比べ大幅に時間短縮を実現。常に安定した、高品質・高精度の修復物を提供することが可能になりました。 

治療の流れ

STEP1 型取り

歯を削った後、型を取ります。
治療する患歯を削った後、模型を制作しコンピュータに取り込み3D化します。

STEP2 修復物設計

コンピュータの3D画面上で修復物を設計します。
モニター上であらゆる角度から、咬みあう部分や形を微調整し理想的な形にしていきます。設計後、ご用意してあるさまざまな色のセラミックブロックから、もっとも適した色のブロックを選びます。

STEP3 修復物製作

ミリングマシンが設計データをもとに加工します。
ミリングマシンと呼ばれる機械が、コンピュータで設計されたデータをもとにセラミックブロックを削りだし、チェアサイドでみるみるうちに精度に優れた修復物を加工・作製していきます。

STEP4 口腔内セット

口腔内へセットして治療完了です。
10年間で90%以上の残存率を実現するCERECシステム。削りだされたセラミック修復物を口腔内へセットします。これですべての治療が完了となります。

よくある質問

Q.どんな症状でもセレック治療は可能ですか?

  1. 一般的な詰め物・かぶせ物といった治療はもちろんのこと、前歯に貼り付けるラミネートべニア治療も可能です。歯を削る量を抑えて審美的な仕上がりを得られます。虫歯の大きさや咬みあわせの関係など、お口の中の状態により適切な治療法を検討しますので、詳しくは医院スタッフまでご相談ください。

 

Q.なぜセラミックが良いのですか?

  1. レジン(プラスチック素材)による修復治療とくらべ、着色や変、摩耗といった心配が少なくなります。金属修復物と比べてもプラークがつきにくく、金属アレルギーの心配もありません。また、セレックで使用するセラミックは工場で規格生産していますので、不純物などの混入も抑えられ、常に品質が安定しています。
    天然歯に近似した素材として使用しているドクターから高く評価されています。

 

Q.保険診療は可能ですか?

  1. セレック治療は保険外治療となりますが、セレック治療によるさまざまなメリットはコストに見合った治療効果をもたらすものと自信を持ってお勧めします。 

 

 

オールセラミッククラウン(ジルコニア)

歯の全面にセラミック製のクラウン(冠)をかぶせ、しっかりと固定する方法です。
削った歯の型をとり、その歯型によってセラミックで製作したクラウンを合わせて、歯の色や形、歯並びなどの審美的要素をバランス良く修復し改善するものです。
セラミックの持つ特殊な材質を十分に活かし、本来の健康な歯と同じかそれ以上の色や形を再現しますのできわめて審美的効果が高い方法と言えます。この治療の適応症は、位置がズレている歯、変色している歯、重度の虫歯、奇形歯、金属アレルギーの人などです。
この治療の利点は、金属を全く使用しないので、金属アレルギーの方にも安心して受ける事が出来ます。そして天然歯のような仕上がりになる事も上げられます。欠点としては、歯を大幅に削る必要があったり、あらかじめ神経の処置が必要になる場合があります。


 
 

メタルボンドクラウン

メタルボンドは、被せ物や差し歯の全体をセラミック材料(陶器材料)で覆い、内側を金属で補強したものを使用する審美歯科治療です。すべてセラミックで出来ているオールセラミックと違って、歯を作る際の土台に金属を使用しているので、色調や透明感は多少劣りますが、非常に丈夫で長持ちであり、奥歯やブリッジなどの強度が求められ部分にはオールセラミックよりメタルボンドが適しています。

 
 

ハイブリッドセラミックス

ファインセラミックスに微量のレジン(プラスチック)を混ぜ合わせた新素材です。
天然歯に近い色調を再現出来るので審美性に優れている他、従来のレジンよりも強度がある為、前歯だけでなく奥歯にも使用でき、歯とほぼ同じ硬さで、噛み合わせも自然です。また、金属アレルギーの方にも安心して使用出来ます。


 
 
 

ラミネートベニア

自分の歯の表面をごく薄く削り、その部分に歯の色をしたネイルチップのような薄い歯を貼り付けます。ネイルチップと違い一度つけたら外せません。
材料は、セラミックを使用します。

求人情報
求人情報