Oral Surgery

歯科口腔外科


当院では、抜歯(親知らず、過剰歯)インプラント処置、炎症、腫瘍、顎関節症、神経疾患、アレルギー疾患、感染症などの診査診断、治療を行っています。一次医療機関として、口腔外科疾患の診査診断を行い、治療可能であれば当院で行います。
また、治療が困難な場合は、専門医療機関(公立八鹿病院、公立豊岡病院、公立神崎病院など)にご紹介します。
お口の中、周りの異状、異変を感じられた場合は、ご相談ください。
当院歯科口腔外科部門で行っている治療(診断)をご紹介します。

抜歯(親知らず、過剰歯) 

横向きの生えてきた親知らずや、過剰歯(余分な歯)の抜歯を行います。抜歯前には十分な説明を行いますので、ご安心ください。 

顎関節症 

口を開けると痛い、ガクガクと音がする、口が開かないなどの症状があれば顎関節症の可能性があります。ゴシックアーチで診査診断し、マウスピースなどを使って治療していきます。 

炎症(歯や歯ぐきが原因) 

歯ぐきが腫れた、顔が腫れてきた、腫れて口が開かないなどの症状の緩和を行います。
排膿処置や抗生剤の点滴により、早期に改善できるようにしています。 

口内炎、白板症、扁平苔蘚 

治りにくい口内炎、歯ぐきや頬の内側に出来た口内炎のようなものがあれば、ご相談ください。 

腫瘍(良性、悪性) 

口の中や、顎の骨の中に違和感がある。
でき物ができているが、治らないなどがあればご相談ください。 

嚢胞(粘液嚢胞、顎嚢胞) 

粘液嚢胞は、唇や舌、歯ぐきなどに出来る透明感のあるでき物です。顎嚢胞は顎の骨の中にできるのもです。骨が膨れてきたなどの異変があればご相談ください。 

小帯異常(舌小帯、上唇小帯など) 

舌小帯強直症は舌の動きが悪く、発音がしにくいことがあります。上唇小帯異常は歯並びが悪くなることがあります。どちらも処置が必要な場合があります。 

外 傷 

転倒、交通事故などによる歯の動揺や、脱臼などは固定する必要があります。
口唇、歯ぐきなどの裂傷も縫合の必要があれば行います。 

インプラント前処置 

インプラント埋入前に骨を増やす処置を行います。

求人情報
求人情報