preortho

プレオルソ こども歯ならび矯正法


プレオルソ
こども歯ならび矯正法とは? 

プレオルソの定義 

プレオルソ 子ども歯ならび矯正法 

マウスピース型矯正装置を使い、この装置を利用した口腔周囲筋機能訓練(MFT)を行いながら、『歯並び』 と『咬み合せ』だけでなく、『正しい舌の使い方』 『口呼吸→鼻呼吸』 などの機能的な治療を行い『子どもを健康に導くことを目的とした』第1期の治療法です。 

小児の大切な時期にこそ「プレオルソ」です。

永久歯に萌え変わってからでは、全ての歯にギラギラした装置をつける、 いわゆる「本格矯正」になりますが、「プレオルソ」は小児(6才~10才) の骨の軟らかい時期でないと効果が出にくいのです。

マウスピース式タイプなのでお子様が嫌がりません。

固定式の装置は、違和感や痛みが強くなります。取り外しのできるマウ スピース式は、違和感と痛みが最小限になります。装着時間は就寝時 と家にいる時のみの装着で十分です。また、食事の時に装置が外せま すので、虫歯の心配も少なく育ち盛りのお子様にも安心です。  

こんな歯ならびのお子様に!

 
 

プレオルソ治療の流れ

 

年齢による治療方法

Ⅰ期治療で終了される患者さんもいれば、Ⅱ期治療をされる患者さんもいらっしゃいます。
Ⅱ期治療を希望される場合にも、Ⅰ期治療をしておくと大きなメリットがあります。

プレオルソの使い方

プレオルソの治療効果



出っ歯 噛み合わせが深い場合

前歯が吸み合わない場合

受け口の場合

求人情報
求人情報