Child Dentistry

HOME | 診療案内 | 小児歯科

小児歯科

お子さんが生涯を「健康な歯」で
過ごせるように

お口の健康を守るため、痛くなる前に歯科医院へ通うことは、生涯の健康に大きく影響します。
子どものうちから定期的に歯科医院に通う習慣を身につけられるように、
かみや歯科医院では来院したお子さんが自分から「また行きたい!」と思える、
やさしく丁寧でお子さんの気持ちに寄り添った歯科医療、医院づくりを心がけています。

お子さんが
歯医者嫌いにならないように 

子どもの頃に歯科医院に恐怖心を抱いてしまうと、大人になっても簡単には払拭できず、歯科医院から足が遠のいてしまう原因にもなってしまいます。
そうならないように大切な事は、「お子様に嘘をつかない事」です。お子様は歯科治療に対して何らかの不安や恐れをもっています。歯科治療を受けるお子様達の心理的な問題について充分に理解する事から治療をスタートさせ、お子様の心配を取り除き、リラックスして治療が受けられるように指導し、生涯を通じて歯科治療に対して悪いイメージが形成されないように注意します。
 

乳歯の重要性

乳歯は、一定期間使うと永久歯に生え替わります。短い期間にお子様の成長において多くの大切な役割を果たしています。乳歯の役割は大きく3つあります。
 

まず1つ目は、
「噛む事」です。

よく噛む事は、お子様の成長・発達に必要な栄養が効率よく吸収され、脳の発達にも役立つと言われています。
 

2つ目は、
「発音」です。

たくさんの言葉を学習する幼児期は、歯が健康である事で正しくキレイな発音が可能になります。
 

最後に、
「永久歯の誘導」です。

乳歯から永久歯に生え変わる時期には、乳歯の根は吸収されて次に生えてくる永久歯を誘導します。その為、乳歯が早期に虫歯で脱落していると不正咬合の原因になる場合があります。

大切な役割がある乳歯を虫歯のまま放置しておく事は、将来の成長に大きく影響を与えてしまう可能性を秘めています。虫歯予防に努め虫歯になってしまったら早めにご相談ください。

虫歯になりにくい
お口をつくるために

お子さんを
虫歯から守る
3つの方法

感染源の除去

一番身近な存在であるお母さんを始め、周囲の大人の方のお口を清潔に保つことが重要になります。
虫歯がある大人の方は早急に治療するのはもちろん、毎日の歯磨きに加え、歯科医院でのケアやクリーニングを受けましょう。

 

感染経路の遮断

キシリトールは虫歯の感染を防ぐのに効果的なので、それを活用し、安全なスキンシップを心がけましょう。
特に、無糖、糖類0g、シュガーレスなどと表示されている製品がお勧めです。

 

抵抗力の強化

お子さんの歯は歯質が弱く免疫力が低くなります。
歯科医院での歯みがき指導を受けたり、歯の溝を埋めるシーラント填塞、歯質を強化するフッ化物(フッ素塗布)などを活用し守っていきましょう。

clinic information

かみや歯科医院

〒669-5267  
兵庫県朝来市和田山町法興寺139-1
Tel : 079-670-1777
休診日:日曜・祝日・土曜日(月1回 診療)
 
<診療科目>
予防歯科/一般歯科(虫歯・歯周病治療)/小児歯科/
マタニティ歯科/審美歯科/ホワイトニング/インプラント/
義歯(入れ歯)/口腔外科/マタニティ歯科